スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

アメリカ中間選挙と老眼の関係?

アメリカ中間選挙で共和党が12年ぶりの敗北、ラムズフェルド国防長官更迭・・・そんな新聞記事を読むのが辛くなってきた。
共和党が敗北したからではなく、ラムズフェルドさんに義理があるわけでもない。
単に目が辛い。
老眼の症状がすすんだか?

食事の時、ご飯をじっと見つめながら口に運ぶ癖がある。
意識してのことではなく、茶碗を見ながらご飯を口に運べば自然とそうなる位置関係にある為だ。
そんなある日ふと気づいたことがある。ご飯が口元で かすむ ・・・
2年前老眼に気づいた瞬間だ。『もう若くはないからねぇ〜?』と自分自身の体にささやかれた気分だった。

最近はうつ伏せになって本を読めなくなってきた。紙面と目の距離が近すぎる。
小さな文字は目を遠ざけなくてはピントが合わず、遠ざければ小さすぎて見えず・・・これが世に言う老眼かと思い知る。

仕事はパソコンを相手にするため、モニタの文字はハッキリ見えるし拡大だってできるから大丈夫。けれどパソコンなんて目に良いはずもない。かと言って視力回復の運動をこつこつする性格でもなく、老眼鏡となるとまだ若干の抵抗がある。

あぁ〜〜ぁ、どうなるの私の老眼。
どうなるのろうがん・・・どなるのろーがん・・・ロナルド・レーガン。






それにしてもブッシュってアホっぽいと思う人はクリック!

  ↓ ↓ ↓    ↓ ↓ ↓
人気blogランキング  ブログランキング