スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

私の好きな風景がある町



この絵は小高いところに建つお寺の山門から眼下の港を見下ろしたところ。
私が好きな何でもない田舎の風景の一つだ。

場所は伊勢志摩にある小さな町・南島町のとある漁港。現在町は隣接する南勢町と市町村合併をし「南伊勢町」となっている。私はその二つの町がそれぞれに好きだった。何がどう好きという理由があるわけではない。いつか見た風景が、一瞬の空気感が、そんな何でもない事がその町を好きにさせることってあるように思う。この町の場合もそんな感じだ。

さてこの絵の漁港は、二つの入り江がつながったかのような瓢箪形をしていて、背後の山と港の間のわずかな平地に家がひしめくように並んでいる。路地は狭くしかも坂道や階段になっていることが多い。車で入り込もうものなら、両側に建つ二階建ての家々が待ち構えていて道に向かって倒れ込むように迫ってくる。まるで迷路にでも迷い込んだかのように。

そんな路地(この地方ではセコと言う)を抜けると、この入り江の漁港に辿り着く。岸壁には小さな漁船が横一列に係留され、まるで月極駐車場のようでもある。時々行き交う船の波に、ゆらゆら船体をくねらせ時より船底の赤い部分が見え隠れする。連なる船の間に二人、三人。少しあけてまた二人三人。夕方まだ早い時刻なのに釣りを楽しむ人がいる。会社が休みだろうか?漁師かな?仕事は大丈夫なのか!?、暇な人もいるな・・・などと余計な心配をしながら、ついつい時間を忘れて見入ってしまう。もっともこの様子を見ている人がいたなら、私が一番の暇人に映るのだろうが。



無謀にもランキングに参加しました! 是非ともクリックを!
  ↓↓↓         ↓↓↓
人気blogランキング  ブログランキング